welcome to tetsuyanbo web site!!

tetsuyanbo

Mac プログラミング

OSXでDartの開発環境を試してみる

更新日:

Googleが作ったDartっていうプログラミング言語を試してみることに。
Dartは長らく評価版のみだったんだけど、2013年11月に正式版がリリースされた。

21436_07

まずはDartの開発環境をダウンロード。
手順はこんな感じ。

  1. 次のURLをブラウザで開く。
    https://www.dartlang.org/
  2. Dartのページが表示されるので、"DOWNLOAD DART (MAC)"ってとこをクリックする。
    21436_01
  3. ダウンロードが始まるのでしばらく待っとく。
    ZIP形式のファイルがダウンロードできたらおしまい。
    21436_02

次はインストール。

  1. さっきダウンロードしてきたZIP形式のファイルを展開する。
    21436_02
  2. 展開して出てきたdartってフォルダをアプリケーションに移動する。
    21436_03
  3. 移動したらアプリケーションフォルダにdartってフォルダがあるはず。
    21436_04
  4. ってな感じでインストールはフォルダのコピーでおしまい。

Dartの開発環境を起動してみる。
さっきアプリケーションフォルダに移動したdartフォルダの中にあるDartEditor.appをダブルクリックする。

21436_05

最初に起動するときだけこんな事聞いてくるけど、"開く"ボタンをクリックする。

21436_06

起動画面が表示されて起動し始めるので、しばらく待っとく。

21436_07

いろいろがんばってるってプログレスバーを表示してアピールしてくるので、もう少し待っとく。

21436_08

Dart Editorが起動する。
見た目はEclipsに似た感じ。

21436_09

試しに何か作ってみる。

  1. 新しいアプリケーションを作るにはメニューバーのFile/New Applicationをクリックする。
    21436_15
  2. アプリケーションの名前を教えてくれって言ってくる。
    21436_10
    Application name"ってとこにアプリケーション名を入力(今回は"Sample"にした)してあげて"Finish"ボタンをクリックする。
    21436_11
  3. Editorがサンプル的なコードを用意してくれる。
    とりあえず動きそうなので、このままにしとく。
    21436_12
  4. 実行はメニューバーのRun/Runをクリックする。
    21436_16
  5. しばらく待っとくとChromiumっていう開発環境に付属しているブラウザが起動して、さっき作ったアプリケーションが動く。
    21436_13
    ちなみに、"Click me!"ってとこをクリックするとこうなる。
    21436_14

しばらく使ってみよっと。

adsense 336 x 280

adsense 336 x 280

-Mac, プログラミング
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© tetsuyanbo , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.