C++メモ XCodeでC++11が使えるようになってた

C++

久しぶりにC++を使うことになり…C++11なる新しい規格も使える環境も揃ってきたし…ちょいと練習しようかなと思ったら文法でハマった…。
とりあえず、XcodeではC++11は使える。

27730_01

念のため確認だけど、プロジェクトの設定でコンパイルオプションを確認しとく。
“Build Settings"って項目で"All"と"Combined"を選択しといた上で、"Apple LLVM X.X – Language – C++"の"C++ Language Dialect"って項目の設定値が"GNU++11 [-std=gnu++11]"になってるか確認しとく。
※Version 6.3.2だとなってた。

27730_02

続けてすぐ下にある"C++ Standard Library"って項目の設定値が"libc++ (LLVM C++ standard library with C++ support)"になっているか確認しとく。
※これまたVersion 6.3.2だとなってた。

27730_03

んで…for eachを試そうと思ったら…Visual StudioではコンパイルできたのにXcodeではできなかった…。
こう書けばよかったんだね…。

vector<string> objValues = { "first", "second", "third" };
for (string& strValue : objValues)
{
	cout << strValue << endl;
}

実行したらこんなん。
first
second
third

メモってことで。